歯周病とは、歯磨きが不十分だったりすることで、歯と歯ぐきの間に細菌の塊である歯垢(プラーク)がたまり、周囲に炎症を引き起こす病気です。進行すると歯を支える骨を溶かし、歯が抜けてしまうこともあります。

 http://saka-1991.blog.jp/

むし歯とは違って痛みなどの自覚症状がなく、気が付いたときには歯が抜ける寸前だった、ということもあります。歯周病は歯ぐきが腫れる歯肉炎から始まり、軽度・中度・重度と段階的に進行していきます。軽度であれば日ごろの歯磨きや歯科医院での定期的なクリーニングで進行を防げますが、重度になると専門的な治療が必要です。

 スリーウェイシリンジ

歯肉炎

歯肉の溝にプラークが溜まり、歯ぐきに炎症が起きて歯周ポケットができた状態。

軽度歯周炎

歯を支えている骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、歯磨きの際に出血が見らたり、冷たい水がしみたりします。

中度歯周炎

歯を支えている骨が半分程度失った状態。歯を指で押すとグラつくようになります。

重度歯周炎

歯を支えている骨が大きく失われ、すでに歯はぐらぐら。ポロリと歯が取れてしまうことも。

 家庭用超音波スケーラー

歯周ポケットの測定

歯周病の治療はまず、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」を測定することから始まります。一般的に歯周ポケットの深さが12mmであれば正常で、35mmであれば中程度の歯周病、6mm以上だと重度の段階に進行していると考えられます。特にポケットの深いところや検査時に出血した箇所は歯周病の可能性が高いです。この部分から治療を始めます。

 

歯肉炎や軽度、中度の歯周病の治療

歯にこびりついている歯垢や歯石は、スケーラーという器具を使って削り取ります。
また、歯の根の表面がざらついていたり、歯石がこびりついたりしている場合は、歯垢や歯石から出る毒素で汚染されている可能性が高いため、「ルートプレーニング」という方法で汚れを取り除きます。歯石を除去するとその部分の炎症が治まり、軽度であれば治癒します。

 

重度の歯周病の治療

歯垢や歯石の除去でポケットが深いままの場合、深さを短くするために外科的な手術を行います。歯周病が進行し、骨が溶けて薄くなっている場合は、特殊な材料で失った部分の骨を補う手術を行うこともあります。

 

歯は表層が『エナメル質』で最も硬く、中身は『象牙質』、中心は『歯髄』と言って血管と神経が通っています。歯が欠けてしまった場合、放っておくとかみ合わせの"相手先の歯"がかみ合わせを合わせようとし、伸びてきてしまうケースがあります。オートクレーブ

 

また、象牙質が現れてしまっている場合は特に、歯牙質は削れやすく、虫歯になりやすいため口臭の原因にもなったり、欠けた部分で頬を傷付け口内炎などの原因にもなります。体に栄養素を取り込む入り口は口であり、歯の疾患は万病の元です。超音波スケーラー

 

歯周病の進行
健康な歯肉:健康な歯肉はひきしまり、弾力があるピンク色をしています。歯ブラシで多少こすっても出血しません。http://koikerina.osakazine.net/

歯肉炎~軽度歯周炎:歯と歯ぐきの間にプラークがたまって、歯ぐきが腫れ出血しやすくなっています。歯を支える骨にはあまり影響がないか、もしくは微量の骨吸収がみられます。また、歯周病は悪くなる時期(活動期)と静止期を繰り返しながら進行していきます。

中等度歯周炎:歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し、歯を支える骨が半分くらい失われています。

重度歯周炎:歯を支える骨がほとんどなくなり、歯がぐらつき、このまま放っておくと歯がぬけてしまいます。歯ぐきが下がる、膿が出るなどの症状もみられます。

 

喫煙は歯周病と関係

喫煙は歯の周りの組織の病原菌に対する抵抗力を低下させ、歯周病にかかりやすくしたり、症状をより重くしたり、また、治療によって生じた傷口の治り具合を悪くします。よって、歯周病の予防や治療には、禁煙や節煙が大切になります。

 

歯周病の対策はどうしたらよいのでしょうか?

プラークが溜まらないように正しい歯ブラシの方法を覚えることが大切です。しかし、正しく磨いているつもりでも苦手な部分や自分では磨きにくい部分がありますので、定期的に歯医者さんに行って、正しく歯ブラシが行われているのかチェック及び磨きにくい部分の専門的な口腔内の清掃、そして口の中の良い環境をつくるために歯石除去を行ってもらうと良いでしょう。

歯周病は文字通り歯の周囲の病気のことです。歯槽膿漏とは、歯を支えている歯槽骨から膿が漏れるという状態からきた名前であり、歯周病の重度の状態であるといえます。かつては歯周病のそのようなひどい状態を歯槽膿漏と呼んでいましたが、現在は専門家の間では歯槽膿漏の状態も「歯周病」とひとまとめで呼ぶようになってきました。ただ「歯槽膿漏」の響きにはインパクトがありますので、一部では今も使われているようです。歯周病は歯肉炎と歯周炎に分けることができます。

オートクレーブ 

重度の歯周病、歯槽膿漏になると起こる恐ろしいこと

歯周病(歯槽膿漏)は重度になると次のような症状を出します。
家庭用超音波スケーラー

1.歯磨きで血、膿が出る

歯ぐきの炎症が強くなる為、出血しやすくなり歯ぐきの溝から膿が出てくるようになります。そのため口の中がネバネバしてきます。

2.歯ぐきが腫れる

歯ぐきの炎症により歯ぐきが腫れて触ると痛みが出ます。

3.歯と歯の間が広がって物がはさまる

歯を支えている骨が溶けてくるため、歯が移動しやすくなり物がはさまるようになります。

4.歯ぐきが下がって歯が長く見える

本来顎に埋まっている歯の根っこまで見えるようになり、歯が長く感じます。

5.痛くてかめない

骨でしっかり支えられなくなるので痛くて物をかめなくなってきます。

http://hanokennkou.shiga-saku.net/ 

健康な歯を保つための予防指導
虫歯や歯周病などの歯や口腔内の病気は、早期発見・早期治療が重要です。さらには病気を引き起こす原因をつくらないための「予防」がいちばん大切になってきます。

 

ご家庭での予防

毎日のブラッシングを正しく行なえるよう、当院では必要に応じてブラッシング指導を行なっています。

 

病院での予防

歯のクリーニング(PMTC←※要確認や、歯石取り(スケーリング)を行ない、通常のブラッシングでは取れない汚れや細菌を取り除きます。

このページのトップヘ

見出し画像
×