統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。

 電気歯髄診断器

虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる横綱級の恐い病気なのです。歯周病に限りませんが、歯周病は悪化すると非常に恐い病気です。歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎軽度歯周炎中等度歯周炎重度歯周炎」という四段階に分けられます。

ほとんどの人は、「歯肉から血が出る」といった自覚症状を感じてからはじめて歯科医の診察を受けに行きますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態なのです。
ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。50代で自分の歯がほとんどないということにならないよう、日ごろから歯周病の予防を是非心掛けたいものです。

 

歯周病の原因は、プラークにひそむ歯周病菌。歯周病菌が歯周ポケットに入り込み毒素を出すとやがて歯周病の諸症状があらわれます。

軽度の歯周病

プラークが歯のつけ根に溜まると、やがて歯ぐきに炎症が起き始めます。まだ痛みはありませんが、歯みがきをすると出血します。

 

中度の歯周病

プラークが石灰化すると歯石になります。歯石が大きくなると歯根膜やあごの骨が溶け、歯周ポケットが深くなっていきます。歯ぐきの弾力が失われ、赤く腫れウミが出ます。

 高圧蒸気滅菌器

重度の歯周病

あごの骨の破壊が進み、歯がグラつき始めます。歯根が見えるくらいになると、歯ぐきからの出血、ウミ、また口臭も強まります。治療せずほうっておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます。細菌の棲みかであるプラークは、ブラッシングでも除去できますが、かなり上手な方でも除去率は70%程と言われています。すでに、歯肉炎や歯周炎の症状がある場合、歯ブラシでは、なかなか届かない歯周ポケットの奥深くに、プラークや歯石が隠れているはずです。

 

歯石とは、プラークが唾液中のカルシウムを取り込んで固まった軟石状のものです。しつこく歯にこびり付く為にセルフケアでは取れません。そこで、歯茎に隠れたプラークと歯石を徹底的に取り去るために、歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングを行います。

歯周病が最初に起こる歯周組織は「歯ぐき」
以下の症状を感じたら、歯周病の初期の危険信号だと思ってください。

歯ぐきが赤く腫れてしまっている

歯ぐきから血が出る

上記の症状が見られた場合は、歯周病が始まっています。
この状態を歯肉炎(歯ぐきが炎症を起こしてしまっている)と呼びます。

このような状態がわかった段階で、すぐに歯科医院で治療を受けることが極めて重要です。
歯ぐきに限定している場合には、治療によって完全に元の健康な歯ぐきを取り戻すことが出来るからです。

 

歯周病の原因

歯周病の主な原因はプラーク(バイオフィルム)

歯周病の始まりは、まず歯ぐきからです。では、なぜ歯ぐきが腫れてしまったり、出血したりするのでしょうか?それは明らかに、歯の表面に付着したプラーク(バイオフィルム)が原因です。このプラーク(バイオフィルム)の主体は「生きた細菌の集団」です。

このプラークは、歯の表面にこびり付き、うがいなどでは決して落ちることはありません。プラークは食べ物のカスなどとは全く違うものです。

電気歯髄診断器

口の中はプラークが成長するのに最も好ましい環境です。細菌が育つのに適した温度・湿度が保たれており、唾液から水分が補給されて、更には食べ物から栄養分が供給されるからです。このような環境が放置されるとプラーク(バイオフィルム)は勢いを増して、歯の表面を覆いつくします。プラーク(バイオフィルム)が出す様々な物質により、歯ぐきに炎症が起こるのです。これを歯肉炎と言います。

家庭用超音波スケーラー 

スケーリング&ルートプレーニング

上記にもあるように、歯周病の原因であるプラークは、普段の歯みがきでも除去することはできますが、間違った歯磨きをしていたり、深くなった歯周ポケットに溜まったプラーク・歯石は、歯磨きで取り除くことが難しくなります。

スケーリング&ルートプレーニングは、取り除きにくいプラーク・歯石を歯科医で除去してもらい、プラーク・歯石の付着しづらい歯に治療する方法です。取り除けていないプラーク・歯石を歯科医で除去することにより炎症が収まり、歯周ポケットの深さも浅くなるので歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

しかしプラークは食事をすれば歯や歯の周りに付着していきます。スケーリング&ルートプレーニングをした後でも毎日の歯磨きをしっかり行い、除去していきましょう。歯周病治療は歯科医にまかせっきりにするのではなく、ご自身でも積極的に治療に参加することがとても大切なのです。

歯周病は歯の周りに付着した汚れ(プラーク)により歯の周りの歯茎(歯肉)や歯を支える骨(歯槽骨)などが破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と言われていました。プラークには歯周病の原因となる細菌が含まれており、歯と歯茎の境目の歯周ポケットに細菌が入り込むと、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて出血します。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラしはじめ、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は初期の段階では痛みなく進行するため、サイレントディジーズ(静かなる病気)とも言われています。現在、歯を失う原因で最も多いのが歯周病によるものなのです。

 ハンドピース

歯周病に気付かずに、将来的に歯を失ってしまうという最悪な事態にならないためにも、日頃から丁寧な歯磨きと定期健診を行うことが大切です。

歯磨きで出血することがある

歯肉が赤い

歯肉から膿が出る

水がしみる

歯が長くなった

歯がぐらついたり、歯と歯の隙間が広がって物がはさまりやすくなった。

口臭がキツイと言われた。または、自分の口臭が気になるようになった。

歯ぐきが痛い、かゆい、不快感がある。

 

「歯肉炎」と「歯周炎」は、「歯周病」を段階分けしたときの名称です。「歯肉炎」とは歯周病のなかでも軽度の症状で、歯ぐきだけが炎症を起こしている状態です。この段階ならば、きちんとしたブラッシングと歯科医院でのクリーニングにより治癒が期待できます。一方、「歯周炎」は、炎症が歯ぐきを含め顎の骨にまで達している状態で、歯肉炎よりも症状が進んでいるため、より専門的な治療が必要になります。

 

プラークコントロールとは歯周病の原因である『歯垢(プラーク)』の増殖を抑えることを目的とした予防、治療法です。正しい歯磨きの仕方や歯科医院でのケアで、プラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本となります。

 小型高圧蒸気滅菌器

スケーリング&ルートプレーニング

上記にもあるように、歯周病の原因であるプラークは、普段の歯みがきでも除去することはできますが、間違った歯磨きをしていたり、深くなった歯周ポケットに溜まったプラーク・歯石は、歯磨きで取り除くことが難しくなります。スケーリング&ルートプレーニングは、取り除きにくいプラーク・歯石を歯科医で除去してもらい、プラーク・歯石の付着しづらい歯に治療する方法です。

このページのトップヘ

見出し画像
×