例えば、風邪はウイルスによる感染症ですが、同じ感染症なのになぜ風邪は薬を飲むと治るのに歯周病にはそういう治療法がないのでしょう?そういった疑問から研究され、ついに原因である菌を退治することができるようになったのです。この治療法は21世紀に入ってから行われている最新式の治療方法で顕微鏡を使った歯周内科治療です。

歯科技工 機器 

歯周病とは?

歯をなくす原因の1は実は歯周病なのです。日本人の約50%がこれで歯を失っているのです。その割には、どんなものか知られていないのではないでしょうか?
歯周病は、歯の周りに付着している歯ぐきが汚れや細菌の出す毒素によって剝れていく病気です。歯の周りの骨が溶ける病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。さらに、歯周病は生活習慣病の1つとされ、糖尿病、心臓病、早産などの原因にもなると言われています。

 

歯周病の治療は、プラークコントロールが基本です。

歯科医院での歯磨き指導と歯石を除去したりする歯の周りのお掃除といった基本的な治療をします。しかし、基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしてもなかなか治らず、歯周病に悩まされている方が多いです。そこで、生まれたのが、薬で歯周病を治す歯周内科治療なのです。

 ポータブルレントゲン

噛み合わせ

それぞれの歯には役割があり、すべての歯が一体となって最大で60kg以上もかかる咬合力をバランスよく分散させています。「よい噛み合わせ」は、噛んだときには奥歯だけが当たり、前歯は紙一枚のすき間がある状態です。そして、歯を左右にギシギシ動かすときには前歯や犬歯だけが当たる状態です。

 

しかし噛み合わせが悪いと、一部の歯に負荷がかかり、歯を揺さぶってしまうことがあります。歯並びが悪かったり、歯ぎしり・食いしばりをしたり、歯を失ってしまったりすると、歯への負担が大きくなります。すると歯と顎の骨をつないでいる「歯根膜」という腱に悪影響を与え、歯の位置や角度が変化してしまうことがあるのです。そしてさらに噛み合わせが乱れていくことにつながります。過度の負担がかかっている部位に、プラークが付着すると歯周病が加速的に進行することが報告されています。気になる症状がありましたら、なるべく早くご相談ください。

虫歯は治療すれば痛みはなくなりますが、削ってしまった歯は元に戻りません。また、治療を繰り返してしまえば歯はどんどん削られていき、最後には抜髄や抜歯に至るおそれも出てきます。自分の歯を守れるのは自分しかいません。毎食後のブラッシングはもちろん、歯科医院で予防歯科のプロケアを受けて、いつまでも健康な歯を保ちましょう。

 

予防歯科は1回受けたら終わりというものではありません。健康なお口の状態を保つために、継続的に受けていくものです。そこで大切なのが定期検診。これは、定期的に歯科医院にお越しいただいてお口のなかをチェックするとともに、クリーニングなどの処置も受けていただくというもの。こまめにチェックしていくので万一虫歯・歯周病があっても早い段階で処置でき、ダメージを大幅に抑えることができます。当院では10年~15年来院されている方がいますが、こまめに定期検診を受けることで、お口のトラブルとは無縁の生活を送っていらっしゃいます。

歯科器具中古販売

むし歯や歯周病予防を目指す「PMTC

歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎などの歯周疾患の予防/改善します。
むし歯菌により作られたバイオフィルムを破壊することにより、むし歯を予防します。
歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保ちます。

治療の流れ<PMTC

 

1.治療計画の立案
歯の染め出し検査を行い、お口の中を詳しく検査し、お一人お一人に合った計画を組みます。そして現在のお口の状態をご説明致します(歯の染め出しは必要とされる方のみ実施致します)

 

2.着色を除去
専用器具を用いて、歯の表面に付着している着色を取り除きます。

 歯科用マイクロスコープ

3.研磨
着色しにくくするために、きれいに磨きあげます。

 

4.オプションケア
ご相談により、フッ素塗布/エナメル質コーティング/レーザーによるむし歯チェック、頑固な茶渋・ヤニとり、舌クリーニング、歯肉マッサージ等をさせていただきます。

 

5.ホームケア
最後に、家庭でのブラッシングの指導や今後の計画を話し合います。

 

歯磨きなどの毎日の歯のお手入れや定期的な歯科検診・治療をしていくことで、あらかじめ虫歯や歯周病を予防しよう・健康な歯を保つとうとする考え方です。「なんだ!当たり前のことじゃない」「宣伝するほど大切なことなの?」と、予防歯科のとらえ方も様々かと思いますが、実はこの「予防歯科」という考え方、私たちの今後の健康はもちろん、ライフイベント、つまり人生にまでかかわってくることがあります。虫歯や歯周病をあらかじめ予防することは、予想以上に大切なことなんです。

 歯科技工 機器

そもそも予防歯科とは?

冒頭で簡単に予防歯科についてご説明しましたが、そもそも予防歯科ってどんなことを指すの?という方も多いと思います。予防歯科は、自分でできるものと歯医者さんと一緒に行っていくものと大きくわけて2種類あります。

 

自分でできる予防歯科
セルフケアとしての予防歯科では、毎日の歯磨きで歯に磨き残しや歯垢などの汚れを残さないことが最も大切です。正しい歯磨きの仕方で丁寧に歯を磨くことで、口内の汚れや細菌を除去します。しかし、歯磨きだけではお口の中の汚れや細菌を完全には取り除くことができません。

 

そこで、デンタルフロスで歯と歯のすき間の汚れをかき出したり、デンタルリンスやマウスウォッシュを使うことで口内での細菌の繁殖を防ぎます。歯磨き、デンタルフロス、デンタルリンスやマウスウォッシュといったオーラルケア用品をいくつか利用することで、自身でトータルケアを行い虫歯や歯周病を予防します。

 高圧蒸気滅菌器

歯医者さんとともに行う予防歯科
歯医者さん=歯に関するプロと行うプロケアでは、セルフケアの指導からはじまり、実際に施術を受けることも可能です。セルフケアで「正しい歯磨きの仕方」とありましたが、正しい歯磨きは歯科医師や助手さんから教わることができます。毎日している歯磨きですから、正しい磨き方をマスターしてさらに効果を上げたいですよね。

 

プロケアの施術としては、歯石の除去といったお口の中のクリーニングやフッ素塗布などがあります。歯石の除去は、定期歯科検診などで行ってもらえますよね。フッ素塗布は、歯の表面に定期的にフッ素を塗っていくことで虫歯を予防する効果が期待できる施術です。フッ素による虫歯予防は世界で認められているものなので、虫歯が気になる方にはおすすめです。

このページのトップヘ

見出し画像
×